PROFILE

大学院で異文化コミュニケーションを学び、新卒で2016年に入社。入社時からエキテンのマーケティング担当として、関係各部署とのコミュニケーションを密に、様々な施策を実施している。思い立ったら目的に向かってすぐに動き出す行動派で、学生時代はスノーボードサークルに所属していた。休日はサーフィンや山登り、スノーボードなど、会社の仲間と遊びに出掛けてアウトドアを楽しんでいる。

デザインワン・ジャパンに入社した経緯

当社との出会いは合同企業説明会です。どんな会社なのか知っておこうと、会社説明会に参加しようとしたところ、どうしても外せない予定と日程が重なってしまい、参加することができそうにありませんでした。会社とそこで働く人を自分の目で確かめたかった私は、あきらめきれずに採用サイトから人事へメールを送信。説明会に参加できない事情を伝え、別日での開催予定がないかコンタクトを取ったところ、個別に説明会を開いてくださることになりました。その時の丁寧な対応と、面接での社長の穏やかな人柄に惹かれて入社を決めました。普通なら断られてもおかしくない私の要望を受け入れていただき、説明会を開催してくださったことに、会社の人に対する温かさを感じました。

仕事内容

エキテンの認知度を上げ、会員を獲得していくマーケティングプロモーションを担当しています。どんなに小さな施策でも、会員数やアクセス数といった数字という結果になって表れるので、モチベーションにつながっています。たとえ悔しい結果になったとしても、何が原因でそうなったのかを検証し、課題を一つずつ潰していけば、少しずつ数字も上がっていきます。入社当時はWeb経由のプロモーションが多かったのですが、CMを打つなど、オフラインでの認知拡大を行うことも増えてきました。そういった新たな施策に対応するため、マーケティングの知識を高めようと、会社に支援していただき、外部のマーケティング講座も受講させていただきました。様々な経験と新たな挑戦をさせてもらえる環境が当社にはあると思います。

社風

話し掛けやすく穏やかな人が多いです。何か困ったことがあれば必ず助けてくれます。どの部署の誰に聞けばいいのか分からないことも、誰かに相談すれば、詳しい人につなげてくださり、最終的には求めていた答えに行き着きます。このように、自分の担当業務と他業務を線引きするのではなく、お互いが協力しながら取り組んでいく社風があります。プライベートでも社員同士の仲が良く、休日になると一緒に遊びに出掛けることも少なくありません。また、社長が社員一人ひとりを気遣って話し掛けてくださるので、考えや思っていることがあれば上司にも相談しやすい雰囲気があります。

仕事で大切にしていること

マーケティングの仕事は、社内の各部署の方々と関わることが非常に多いです。各専門領域について知見を借りながら、認知度の向上と会員獲得に向けた施策を展開していかなければなりません。そのため、些細なことでもコミュニケーションを図り、相談や情報を共有するように心掛けています。もちろん、私も自分なりに他部署で必要とされる知識を少しずつ勉強するようにもしています。とはいえ、仕事には優先順位や期限がありますから、自分で理解するのに時間がかかりそうな場合は、すぐに詳しい人に相談するようにしています。穏やかで静かな人が多いですが、話し掛ければ積極的に教えてくださる方ばかりなので、本当に助かっています。

今後について

目の前にある仕事をしっかり取り組んでいくことに今は集中しているので、これから自分がどんなことに取り組んでいきたいのか、まだ具体的には見えていません。見つけるためにも、様々な仕事に携わっていきたいと考えています。会社の規模が大きくなり、私が所属するチームがやるべきことも変わり続けてきました。新しいことに取り組む度、壁にぶつかることもありますが、チームの一員として積極的に挑戦していきたいと思っています。当社の行っているマーケティングは、まだ狭い領域ですから、会社の成長に合わせて徐々にマーケティング領域を広げていきたいと考えています。

〉 インタビューページ一覧へ
ENTRY