PROFILE

大学時代は文理融合型の情報文化学部で学び、人間と自然の共生をテーマに、ミツバチの生息環境を研究。就職活動中に偶然参加したセミナーで、社員の雰囲気と社長のビジョンに共感し、2014年に新卒で入社。Webサイトの裏側を担当するサーバーサイドエンジニアを経て、現在はフロントエンドエンジニアとして、Webサイトの表層部分をユーザー視点で開発している。

デザインワン・ジャパンとの出会い

大学が名古屋だったので、2週間ほど東京で就職活動をしていた時に、たまたま1日だけ予定が空いている日がありました。せっかくだからと、セミナーを開催している会社を探したところ、当社がセミナーを開催していました。それまでIT系企業を全く見てこなかったので、本当に偶然出会った感じです。入社を決めた理由は、社員の皆さんの雰囲気が良かったことと、社長のビジョンに共感したからです。エキテンで世界を活性化していくビジョンが面白そうだと思いました。また、大学ではプログミングも学んでいたので、基礎的な知識があり、入社後の働くイメージが想像できたことも入社を決める要因となりました。

仕事内容

フロントエンドエンジニアとして、エキテン関連サービスの、ユーザーの目に見える画面部分を作ることが私の仕事です。どのように要素を配置して構成すれば使いやすくなるのか、考えながら画面を作っています。ユーザーに一番近いサービスの表層部分を作っているので、面白くてやりがいがある仕事です。幸いにも社内外から様々な反応があるので、どうしたらユーザーに気持ちよく使ってもらえるのか、常に考えながら進めています。現在はフロントエンドエンジニアですが、入社当時はサーバーサイドエンジニアとしてインフラ部分のデータ処理のロジックを作っていく部署に1年間在籍していました。その後、フロントをやってみないかという話をいただき、エンジニアとして幅広い技術を身に付けられればと、現在の部署へ異動して仕事をしています。

会社の雰囲気

自由な雰囲気のある会社で、私服で働く社員が多いですね。自分は気分次第でスーツを着ることもありますが(笑)。ワンフロアの広いオフィスには、フリースペースがいくつか用意されているので、その時の気分に合わせて社内の好きなスペースで仕事をすることもできます。居心地の良い空間で働きたい人には最適な職場です。エンジニアであれば見つけた新しい技術を仲間と共有して、試しに使ってみたり、情報交換をしながら一緒に勉強することもありますね。若くても豊富な知識や経験を持っている社員も少なくないので、それぞれの得意分野を活かしながら互いに教え合い、仕事に活かしています。

仕事で大切にしていること

各部署と連携して何かを作り上げていくことが多いので、自分の専門性や知識をしっかり提供していけるように心掛けています。エンジニアとして、技術不足で実現できないなんてことは嫌ですから。最近になって使われ始めた新しい技術や、その技術を使うとどのようなことが実現できるのかといった情報収集や勉強は欠かさず継続するようにしています。学生時代に幅広い学問分野を学んできたので、他の分野を見るようにしたり、抵抗なく受け入れたりできるのは、エンジニアとして成長していくために役立っているのかもしれません。

今後の目標

いつか自分で収益化できるサイトを作り上げ、一人でサイトの運営をしてみたいと考えています。実際にエキテンの仕事をして学ぶことは多くありますが、エキテンであるが故に分からない部分もあるのではないかと考えています。もし一人でサイトを運用して収益を上げることができたら、本当の意味で一人前になれるのではないでしょうか。エンジニアは勉強熱心な人が多いので、私も目標の実現に向け、継続して新しい知識や技術を身に付けているところです。

〉 インタビューページ一覧へ
ENTRY