PROFILE

中学、高校時代からホームページを自作し、アフィリエイトで収益を得るなど、趣味の延長でプログラミングに触れる。大学から独学でプログラミングを勉強し、基本情報技術者試験に合格。3年次にはアプリ制作のサークルに所属し、3万人以上いる在学生の半数が使用する時間割アプリを開発。そこで、ユーザー視点で開発することの大切さと面白さに気付き、2016年に新卒で当社へ入社。文系学部出身でありながら、エンジニアとして活躍している。

デザインワン・ジャパンに入社した経緯

大学3年次に出場して優勝したアプリコンテストを主催する新卒エージェントの紹介で、当社を初めて知りました。就職するならIT系ベンチャーで、1年目からバリバリ働けそうな会社にしようと考えていました。当社へ面接に来たところ、技術的に凄い人がいたり、勉強会を開催していたり、新規事業を始めたりと面白そうなことが多く、入社したら成長できると感じたことから入社を決めました。また、社長が元技術者ということもあって、柔軟に物事を考えていらっしゃり、技術に対して物凄く純粋で素敵だなと思ったことも、入社の決め手になりました。

仕事内容

エキテンの姉妹サイトにあたるエキテンプロのエンジニアとして仕事をしています。エキテンプロは、弁護士などの士業と相談者をマッチングするためのサイトです。エキテンの店舗会員様が、法的な相談や助成金を獲得したいといったニーズに応えるため、エンジニアとしてサイト構築の上流から下流までの全ての段階に携わっています。私が入社当時の立ち上げ間もない時期から今日に至るまで、メイン業務として取り組んできました。最近になってエキテンプロのプログラミング言語を、GOという新しい言語にフルリプレイスしたので、以前とは比べものにならないくらい処理速度が速く、ユーザー体験も良くなっています。

社風

頭のいい社員の方ばかりなので、ロジカルに物事を考える人が多いです。そのため、物事を冷静に捉えて、着実に仕事を進めていくのが当社の社風だと思います。社長もロジカルに考える方なので、そのようなところが社風にも大きく影響しているのではないでしょうか。エンジニアの性質かもしれませんが、ロジカルに考え、最短ルートで解決するのは無駄がなくて非常に良いことだと思います。また、上から押さえつけるような組織体系ではないので、社員一人ひとりにある程度の裁量が与えられ、自由に仕事をすることができます。自分の考えを持っていて、取り組んでみたいことがある人にとっては、楽しくて良い職場環境ではないでしょうか。

大切にしていること

仕事ではスピード感を持って、素早く業務を進めていくことを大切にしています。特に新規事業はスピードが重要ですから、取り組むべきことは素早く対応するように心掛けています。また、一つの課題に対して複数の解決方法がある場合、最新の方法で解決するようにしています。最新の方法で解決できれば、長期的にも、会社的にもメリットがあるからです。エキテンは主力事業のため、なかなか新しいことに挑戦しにくい部分があります。私が担当しているエキテンプロは新規事業のため、新しいことに挑戦していけるので、そこで成果が出ればエキテンにもフィードバックしていきたい次第です。

今後について

開発部分になりますが、企画を発信する新しい追加機能を実装するだけでなく、エンジニアや開発者視点による追加機能やサービスの提案を行い、制作したものを世の中にリリースしてみたいです。また、現在のプロダクトだけではなく、他のプロダクト開発もできればとも考えています。まだ頭の片隅に思い描いている感じではありますが、開発者だからこそわかる視点で意見を出していき、実現に向けて取り組んでいく構想を練っているところです。

〉 インタビューページ一覧へ
ENTRY